消費者金融に時効はあるのか

消費者金融に時効はあるのか

MENU

消費者金融に時効はあるのか

消費者金融からお金を借りても長年返済せずにいれば、時効が来て借金自体が帳消しになるという話はよく聞きます。確かに借金の時効という物は存在しており、消費者金融の場合には5年という期間が定められています。
しかし時効が成立するためには一定の要件を満たしている事が必要です。1つは借金を返済していない時期が5年以上続いている事。そしてもう1つは借主が消費者金融側に時効が来たので借金は返済しませんと連絡する事です。
これを聞くと、5年間借金を返済せずに逃げてから消費者金融に連絡すれば良いと考える人もいるかもしれませんが、そう簡単に時効は成立しないのです。
返済していない間に裁判を起こされたり、差し押さえにあったりした場合には時効は振り出しに戻ってしまいます。相当長い期間が必要となるのです。
その間逃げ続けるのはかなり大変な事です。仕事を見つけるにも住むところを見つけるのも身分を隠して行なわなくてはいけませんし、家族にも多大な迷惑や心配をかけます。
また時効が成立しても信用情報機関に借金を踏み倒した経歴が記録されるので、以後はお金を借りたりローンを組むことができなくなります。
それよりもきちんとお金を返済するほうがはるかに楽です。返済日にお金が用意できないようであれば、まずは消費者金融に連絡を取って返済できない事やこれからの返済方法についてなど相談する事が大切です。毎月の返済する金額を減らしてもらうなど、返済しやすいような方法を探す事もできます。

人気記事一覧

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む

失敗しない!カードローン選びレッスン

申し込みに必要な情報を知りたい!

カードローン、キャッシングとは?


店頭だけじゃない!いろんな「申込方法」


返済方法選びで損しないために


メリットいろいろ♪少額借入で上手に借りる!


誰にもバレずに借りる方法ってある?


銀行vs消費者金融!おすすめはどっち?

リアル体験談!実際はどうやって借りたらいい?

カードローンで借りてみた実際にカードローンで借りてみた!

レイクやみずほ銀行など、口コミでも評判のいいカードローンを実際に利用してきました♪申込みや審査、融資から返済に至るまでの全工程をレポートします!